MENU

脇の色素沈着を治す皮膚科のレーザー治療・フォト治療とは?

脇が黒いものの、親しい人にすら相談することができないとして悩んでいる方は多いものです。
そのような場合は、皮膚科で脇の色素沈着を治すという選択をしましょう。
元来、脇に存在している毛が気になってしまい、見た目を良くするため毛抜きやカミソリで処理をしたのにも関わらず、逆効果になってしまうという悩みを抱えている方は多いものです。
常に脇の色素沈着を治す治療したいを受けたいと考えていても、方法がわからないために、行動に移せないのです。
そこで、脇の色素沈着を治すための方法やレーザー治療の種類に関して理解を深めておくと良いでしょう。
近年では、フォト治療という方法が用いられることも多いため、フォト治療とはどういったものであるのかという点にも注目してみましょう。
そもそも、色素沈着に陥ってしまった原因というのは、当事者が理解しているという場合が多いものです。
日々、脇が黒くなってきていることに気付きつつも、目先のムダ毛処理ばかりに気を取られてしまい、毛抜きやカミソリで処理し続けてしまうという悪循環です。
最も簡単かつ金銭的負担をかけずに治す方法として、自己処理を中止し、手をかけないようにするということが挙げられます。

色素沈着を治す〜脇に使える薬とは?

自己処理などが原因となり、脇が黒ずんでしまう片も少なくありません。
脇の黒ずみはクリニックでの治療によって改善が可能です。
外用薬による治療であれば、クリニックを受診する回数も少なくて済むので、忙しいという方でも受けやすいでしょう。
色素沈着を治す脇に使える薬として、まず挙げられるのが「ハイドロキノン」です。
ハイドロキノンとは別名「肌の漂白剤」と言われている程、美白効果に優れた成分として知られています。
色素沈着の原因となる、メラニン色素を薄くする作用や、メラニン色素を作り難くする効果があります。
ハイドロキノンの他に、使われているのがルミキシルです。
ルミキシルとは低刺激で、美白効果を発揮する点が特徴と言われています。
ハイドロキノン同様の効果を得られますが、ハイドロキノンよりも肌への刺激が少ない為、敏感肌という方でも安心して使える外用薬です。
もう1つ、脇に使える薬としては「トラネキサム酸」も挙げられます。
トラネキサム酸とはメラニン色素の生成を促す、プロスタグランジンなどをブロックし、色素沈着を作り難くする効果を持つ外用薬です。
どの外用薬で治療するかは、色素沈着の症状は肌質などによって変わる為、まずは医師としっかり話し合う事が大切です。

脇の色素沈着を治すのに必要な期間は?

脇のムダ毛を自己処理した場合の色素沈着は、サロンなどで脱毛することで脇の色素沈着を治すことは可能です。
カミソリによる自己処理は肌にダメージを与えます。脇の皮膚は他の部位と比較しても薄く防御力が低く、少しの刺激でもメラニン色素を生成します。サロンなどで脱毛をすると脇の自己処理が減り、カミソリでの肌へのダメージも少なくなります。肌のダメージが少なくなると肌のターンオーバーが正常になり、自然に色素沈着は薄くなってきます。
サロンでの光脱毛は、肌の優しく毛根に特殊な光で直接ダメージを与えるため脱毛効果が高い施術です。痛みも殆どなく、広範囲に施術が可能なので脱毛も脇であれば5分程度で処理することが可能です。完全に脱毛するのに必要な期間は個人差はありますが1〜3年程度です。施術をするにつれてムダ毛が薄くなり、カミソリでの自己処理も必要なくなるため、徐々に脇の色素沈着を治すことができます。
皮膚科や美容皮膚科で脇の色素沈着を治すこともできます。美白作用のクリームを塗る治療やレーザー治療などがあります。美白クリームで色素沈着を治すのに必要な期間は、3ヶ月〜1年程度必要です。色素沈着を短期間で治したい場合にはレーザー治療で、治すのに必要な期間は最初の1ヶ月は1〜2週間に1度の施術で、あとは1ヶ月に1回程度の治療が必要ですが、色素沈着の状態によっては5回程度の治療で完治することも期待できます。

脇の色素沈着を治す為に食事に取り入れたい食べ物とは?

脇の色素沈着や黒ずみの原因は、人によって違います。
肌質や体質に影響して脇の色素沈着が黒ずみが悪化してしまうこともあるので、自分に合ったケア方法を実践することが大切です。
現在、様々な方法で脇の色素沈着を治すことができますが、最もおすすめの方法が食事から脇の色素沈着改善に役立つ栄養素を取り入れることです。
食生活を見直して脇の色素沈着を治すために食事に取り入れたい食べべ物を進んで補うことで、短期間で脇の色素沈着や黒ずみを改善することも夢ではありません。
脇の色素沈着を解消するために食事に取り入れたい食べ物とは、たんぱく質やビタミン、ミネラルなどが豊富に含まれたものです。
例えば、納豆や大豆製品、肉類や魚類に含まれているたんぱく質やニンジンやカボチャ、ほうれん草などに含まれているビタミンAです。
さらに卵や牛乳、マグロやイワシなどに含まれているビタミンB2やビタミンB6などもおすすめです。
最も欠かせないのが、コラーゲンを生成したり美白効果を期待できるビタミンCです。
ビタミンCは、緑黄色野菜やいちご、キウイなどのフルーツにも含まれています。
おすすめの栄養素が補える食べ物は、バランス良く補うことが大切です。